忍者ブログ
僕が人生で学んだことすべてを忘れないように書き込みます。そして、それがみなさんのお役にたてれば幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女性のみなさん。
あなたは愛される女性ですか?

今回は男の本音を書いていきます。

彼氏に浮気される。
なかなか結婚を言い出さない彼。
やっちゃうといつも男が離れて行く…。
重いと言われる。
記念日を忘れられる。
等々

女性のみなさんならされるとかなりイヤですよね?

男も女性がこれをやるとイヤなのは十分承知です。
なのに、なぜやるのか?

それは…

やっても
「まいっかぁ!!!」
と思えるからなんです。

なぜ「まいっかぁ」と思えるか…
それは、男に

なめられてるから
です。

男は女性によって、対応をかえるものです。

本当に大事にしたい。めちゃ好き。ずっと一緒にいたい。
かつ
いつ自分の元から離れてもおかしくない魅力ある女性

なめられません!!

それに対して

あんまり大事じゃない。そこそこ好き。いずれ別れるだろうな。
と思っている女性はなめられます。
けれども
大好きだけど、こいつは何しても許すんだろうな
と思う女性にすら
なめてかかります!!

つーか、男ってひでーな(笑)
書いてて、イヤになった(笑)

でも、残念ですが、これは事実です。
僕も付き合った女性によって、付き合い方違ってましたから。

是非これを読んでいる人は
男になめられない女性だと願いつつ
今回の書き込みを終わります。

次回は「愛される女性とはどんな人?」です

PR

浜崎あゆみの歌詞にもありますが、
女性は2人でいても寂しさを感じるものみたいです

男は女性と一緒の空間にいれば、満足することが多いみたいです。
一方で、女性は一緒にいるときは自分の方をみてほしいもんなのです。

簡単に言うと「男は自分勝手」で「女はかまってほしい」
ということです。

結婚して、旦那文句の十中八九はこの不満ですよ

男は一緒に居れさえすれば安心するので、テレビみたり漫画見たり
ゲームしたり、パソコンしたりするんです。

女性はかまってほしいから「会話がない!!」と不満に思うんですよ

そこで男は自分勝手だから
「仕事してお金を稼いでるんだ!!家にいる時くらい好きにさせろ!!」
または
「仕事が忙しいから仕方ないだろ!?」
と言うわけです。
まあ言わなくても心の中で思ってるわけですよ、ハイ。

この場合、一般的には男が悪いですね~
だって自分勝手なんだから(笑)
主婦だって忙しいんです。
子育て、家事はとても忙しい。
その中で夫と話す時間をとろうと努力してるもんですよ。

男はちゃんと女性をかまうべきです。
興味をもって接してあげてくださいね。
それだけで、2人の間は円滑に行くんですから。
面倒とか言わないで下さいね(笑)

女性は男はこうしたものだということを受け止めほしいです。
そして、自分が思っていることを相手に伝える努力をあきらめないでほしいです。
そして、その母性で粘り強く男性を導いて頂きたいと願います。
まあ、これも男の勝手な言い分ですがね(笑)

残念ながら女性の方が、2人の間の問題を気づくことが多いのです。
男は全く気づいていないことが多いんです。
たいしたことじゃないくらい思ってます(笑)
それが一番夫婦の間で大切なんですがね。

問題を気づいている方が、努力するしか問題は解決しないんです。
だって相手は気づいてないんですから。

本当に大変かと思いますが、頑張ってください!!

このテーマはブログでやりたいことの一つです。

結婚4~5年くらいの若造ですが、日々妻と触れ合う中に
感じたことなどを書き記していきたいと思います

また、これを読んでくれている若い子達。
特に女の子に「恋愛」について伝えたいことが
山ほどあります。

発表会ではすべりましたが(笑)
笑いはなしで言いたいことめちゃあるんですよ

せめて僕の知る若い子達が愛される男子、女子になって
もらいたいと願うばかりです

是非登録を!!
テクノラティお気に入りに追加する
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[02/28 ミー]
[02/13 影鬼]
[01/22 きよみ]
[12/22 かんちゃん]
[12/21 ジーマ]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ igLIFE ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]